AGA治療人気ランキング

なぜ毛が抜ける?

なぜ毛が抜けてしまうのかと言うと加齢、疾病および投薬の副作用、火傷、遺伝的要因などにより髪の毛が薄い、もしくは全くない頭部などを指します。
 
主に、タンパク質不足、男性ホルモンの増加、血管の収縮が原因で髪や毛根が栄養不足で死んで毛が抜け落ちていってしまいます。

 

 

 

本来、体の防御機能であるCD8陽性Tリンパ球が毛根部分の自己抗原(恐らくメラニン関連の蛋白)にあやまって攻撃してしまういわゆる自己免疫反応によって引き起こされる自己免疫疾患である。 自己免疫反応の結果、脱毛部分の毛根組織は萎縮し障害されるが、リンパ球反応が消失すれば元通りの毛が再生される。これらの反応には遺伝的背景があるとされています。
立毛筋付着部位にバルジ領域といわれる幹細胞があり、この幹細胞から毛の組織のすべてが作られる。
円形脱毛症ではこの幹細胞は障害されないため永久脱毛になることはありません。
なぜリンパ球が誤反応するのかは判っていないませんが、古くは精神的ストレスによって発症すると言われていた病気であることなどから体内でなんらかの影響を受けている可能性が高いです。
しかし、ストレスを感じるとは考えにくい生まれたばかりの幼児などにも発症していることから、現在では精神的ストレスは要因の1つではあっても主原因は体内のアレルギーが合併するなどによって自己免疫異常が引き起こされているのではないかと考えられるようにもなっています。
また肉体的ストレス、ウイルス感染なども誘因の一つです。